ベトナムは40件のコロナウイルス症例を報告し、合計は586件に増加

防護服を着た医療専門家が、ベトナムのハノイ郊外にあるコロナウイルス病の迅速検査センター(COVID-19)でダナン市から戻ってきた旅行者の血液検体を保持しています。

ベトナムの保健省は土曜日に、40の新しいコロナウイルス症例を報告し、国内の総感染は586になり、XNUMX人が死亡した。

新しい症例のほとんどはダナン市の病院に関連しており、ダナン市では先週、XNUMXか月以上で最初に局所感染した感染が検出されました。

厚労省は土曜日に別の声明で、ダナンへの最大800,000万人の訪問者が1月41,000日以来国の他の部分に去ったと言い、XNUMX人以上がそれ以来市内のXNUMXつの病院を訪問したと付け加えた。

ベトナムはまた、ハノイやホーチミン市など、観光のホットスポットであるダナンへのリンクがある他の都市で新しいコロナウイルスの症例を検出しました。

ベトナムの世界保健機関の代表であるキドンパーク博士は、ベトナムがXNUMX月に最初の症例を報告した後、ベトナムがより広い地域社会への感染の可能性に備えていたことを電子メールで伝えた。

「政府は常に、国の比較的少数のケースを維持し、コミュニティ内の感染を制御することにより、国民がCOVID-19から確実に保護されるように決定してきました」とPark氏は語った。

読む価値がありましたか? 私たちに知らせて。