汚染は分割されたパラグアイのラグーンの片側を紫に変える

道路はセロラグーンを分断しており、右側の水は着色されており、5年2020月XNUMX日水曜日、パラグアイのリンピオにある銀行の右上にあるWaltrading SAなめし工場が立っています。大学学際研究室 水曜日に現場で水サンプルを採取している人の水の色は、なめし工程で一般的に使用されているクロムなどの重金属の存在によるものです。

パラグアイのリンピオ市にあるセロラグーンは、紫と青のXNUMXつの部分に大きく分かれています。 ある部分は悪臭を放ち、他の部分は放つことはありません。

ラグーンは、地元の工場との間でトラックを運ぶための堤防と道路の建設によって分割されました。

数か月前、人々は道路の片側で水が変わり、魚や鳥が死んでいることに気づき始めました。 彼らは、水のサンプルを採取した地元の環境当局に行きました。

「XNUMXか月前に、すべての魚がラグーンで数千匹、数千匹が死亡しました」と、一人の住人であるHerminia Meza氏は述べています。 「においがたまらなく、ハエに圧倒されました。 約XNUMXか月前にサギが死亡し、赤みがかった色に変わりました。」

国立大学の学際的研究所の技術者であるフランシスコフェレイラ氏は、水曜日に、皮の製造に動物の皮のなめしに一般的に使用されているクロムなどの重金属の存在が原因で水の色が変化したと語った。

Waltrading SAなめし工場は、ラグーンのほとりに立っています。

「私たちは(採取した水サンプルの)分析を行い、報告書を法務部に渡します」と環境・持続可能な開発省の査察官であるローザモレルは、地元のABCメディアアウトレットに語った。 「なめし工場があり、汚染するのは間違いなくなめし工場です。」

モレル氏は前回の訪問で、おそらく製革所からのパイプが未処理の廃棄物をラグーンに捨てているのを発見したと語った。 彼女は当局の主な要求は会社が廃棄物の処理プラントを建設することであると言いました。

ABCは、この問題についてメディアに話すことを拒否したと報じた。

読む価値がありましたか? 私たちに知らせて。