古代の交通:ローマの道

サマリー

ローマの道路は、ローマ国家の維持と発展に不可欠な物理的インフラでした。 紀元前300年頃にローマ帝国の拡張と安定を経て建設されました。

ローマ人は彼らの道路を建設する際にある程度技術を使用しました。 彼らの力のピーク時に、彼らはそれらの約80,000キロを建設しました。 これらの道路は大帝国の端でローマの首都に加わりました。 ローマはハブのようなもので、29の軍事経路がさまざまな方向に出ていました。 一番人気だったのはアッピア経由の道路でした。 ほとんどの考古学者は、ローマ人が特にイタリア北部のエトルリア人から道路の建設方法を学んだと考えています。 しかし、エジプト、インド、フェニキアなど、他の文化も歴史的に貢献しているに違いありません。

ローマの道路の歴史の概要

via Appia(Appian Way)は紀元前312年に始まり、18メートルのさまざまな材料で構成されていました。 最下層は砂または一種の石灰でできていました。 その上に、彼らは半メートルの平らな石を蒔き、それから約30センチのより小さな岩を鉢に混ぜました。 次に、約15センチの砂利と粗い砂を熱い石灰と混ぜます。 最上層は2000センチの溶岩で構成され、シリカのように見えました。 人々は次のXNUMX年間この習慣に従います!

ローマの公共交通機関は、低速と高速のサービスに分けられました。 330頭または18頭の馬が引く120輪の戦車と同様の田舎用カートが、従来の輸送手段でした。 駅馬車の前身はレイダ(ガリシア語で四輪ワゴン)。 また、夏にはXNUMX頭、冬にはXNUMX頭の馬が引く貨物のレイダもありました。 XNUMXキロ以上の積載は許可されていませんでした。 輸送速度は、貨物サービスのXNUMX日あたり約XNUMXキロから最速の郵便サービスのXNUMXキロに変更されました。

歴史上初めて、完全に統合された道路システムが構築され、ローマ帝国では都市が複雑につながっていました。 これらの道路の最も重要な目標は、軍事装備の移動を支援し、行政を実施することでした。 小麦やその他の大きな荷物の輸送は、ほとんどの場合、陸路での輸送が面倒であり、したがって高すぎるため、単純なボートで行われていました。

戦車は十分な速さで、適度に滑らかな表面が得られれば、比較的迅速なコミュニケーションを確保できました。 ローマ人はこれを道路の下層を乾かして平らな石を敷くことで達成しました。 比較的少数の道路だけがXNUMX台の貨車を積めるほどの広さでした。 それらの多くは、単一のカートであっても、かなり狭かった。

読む価値がありましたか? 私たちに知らせて。