初心者のためのソングライティングのヒント

歌詞はあなたの歌を作るか壊すことができます。 弱い言葉は聴衆を苛立たせるが、歌詞を課すことは彼らがあなたの歌に非常に従事し続けるようにする。

歌詞の目的は、物語を伝えたり、特定のメッセージやアイデアを伝えたりすることです。 それが何であれ、あなたはXNUMXつの中心点に集中し、歌詞が賢明であることを確認する必要があります。

歌詞に対応しているなら、これらのXNUMXつの必要なステップを読んでみませんか?

  1. 聴衆を理解することは、曲に歌詞を書くための第一歩です。 子供向けの曲を書くことを計画している場合は、大人とは異なる素材を使用することになります。 したがって、曲の歌詞は視聴者によって異なります。主な目的は、ターゲットリスナーと関わり、感情的にアピールすることです。
  2. 次に、主題と曲名を決定する必要があります。 タイトルは、曲の内容を視聴者に伝えます。 タイトルは比較的短く、覚えやすく覚えやすいものにします。 あなたの歌はどんなトピックについてでもありえます。 それは死や愛などに関連している可能性があります。曲の歌詞を書く前に、伝えたいメッセージを理解することが非常に重要です。 また、あなたが知っている、または感じ、経験したことを書き留めるのにも役立ちます。
  3. 曲のテーマの単語を作成して、歌詞を書き始めます。 あなたの合唱を一定にして、聴衆が認める何かをするのが最善です。 あなたの合唱団はあなたの詩を統合するリンクとして機能します。 それは興味深いはずであり、この目的のために、音楽を少し高く曲げ、曲のテンポを軽く上げると役立ちます。 理想的には、コーラスに曲のタイトルも追加する必要があります。
  4. 次に、最初の詩から始めます。 あなたのセリフは、その曲のストーリーやアイデアに関連しています。 歌詞をすばやくキャッチーでわかりやすいものにすることを忘れないでください。アカウントを取得するにはXNUMX〜XNUMX分しかかかりません。 最初の行は、着実で注意を引く必要があります。 最初の行は問題や指示かもしれませんし、オープニング行で曲のタイトルを使用することもできます。 次の節は中央揃えのままにして、最初のスタンザを続け、ストーリーをナレーションする必要があります。 最後の行には、物語のクライマックスまたは歌のメッセージが含まれます。 聴衆と一緒に良いアイデアを出してみてください。そうすれば、彼らはあなたの歌を再びキャッチしたくなるでしょう。
  5. 韻スキームを選択し、一般的に言えば–シンプルであるほど良いと認識します。 すべての詩が韻を踏む必要はありませんが、最も印象的な曲は韻を踏むことに注意してください。 韻を踏んだフレーズは、韻を踏まない文章よりも覚えやすく、視聴者があなたの歌を覚えやすくなります。 また、韻を踏む表現は、リスナーをより感情的に動かします-あなたが常に目指すべきものです。 今日最も親しみのある韻は、ABABまたはABCBパターンに従う傾向があります。

これで、歌詞を書くための重要なステップがわかりました。 あなたはあなたの歌のためのいくつかの素晴らしいコンセプトを取得する必要があります。 孤独な散歩に出かけたり、音楽に身を沈めたり、雑誌のタイトルが次の曲のトピックに対するあなたの反応を揺さぶったりして、創造性を解きほぐしてください。

よろしくお願いします。

読む価値がありましたか? 私たちに知らせて。