ソフトバンク、9.6億ドルのトランシェの承認を得て自社株買いを推進

ファイルの写真:日本のソフトバンクグループの最高経営責任者、孫正義が東京の記者会見に出席します。

ソフトバンクグループ(9984.T)は金曜日に1兆円(9.6億ドル)の自社株買いを承認したと発表しました。これは過去最高の2.5兆株の買い戻しであり、株価をXNUMX年間で最高値に押し上げました。

日本のコングロマリットは4.5月に500兆円の株を買い戻し、債務を削減する計画を明らかにした。 これまでに、それぞれ500億円のXNUMXつのトランシェの買い戻しを承認しています。 さらにXNUMX月にはXNUMX億円の買い戻しを発表した。

ソフトバンクは声明の中で、4.5兆2021億円のプログラムは最初の発表時からXNUMX四半期にわたって実行される予定でしたが、買い戻しはXNUMX年XNUMX月以降まで完了しない可能性があると述べました。

計画の下で、グループは中国の電子商取引大手のアリババグループホールディング(BABA.N)と米国のワイヤレスキャリアT-Mobile US Inc(TMUS.O)を含む中核的な資産を売却しています。

発表後、ソフトバンクの株価は2%も上昇し、株価は年初から43%上昇しました。

高いレバレッジのグループは、現金を積んだ日本の同業者とは対照的に、国内無担保社債の170億円を買い戻しました。

Redex ResearchのアナリストであるKirk Boodryは、Smartkarmaプラットフォームに関するメモで、資産売却による収益が目標額を超える可能性があるため、「ビジョンファンド2の余剰資金が検討されている可能性が高い」と述べています。

SoftBankは、最初の100億ドルのファンドのパフォーマンスが低かった後、XNUMX番目のファンドへの外部投資を誘致するのに苦労し、独自の資金を使用して限られた容量に投資しています。

ファンドは、今月ニューヨークに上場したポートフォリオ企業Lemonade Inc LMND.NのIPOの成功を含め、ここ数週間でポジティブなニュースフローを指摘することができます。

ゴールドマン・サックスは、保険会社の新興企業に売却の格付けを付け、それが破綻するまで何年にもわたる損失に直面していると述べた-他のソフトバンク投資も苦しめている批判。

読む価値がありましたか? 私たちに知らせて。