日本は東京の劇場ボーイバンドショーに新しいCOVID-19発生をトレースします

日本政府が東京の新宿区で緊急事態を解除した後の初日、部分的に再開された日本の飲酒バーの路地で、人々はコロナウイルス病(COVID-19)の発生後に飲み物と夕食を楽しんだ

東京の保健当局は火曜日に、日本人の少年バンドのメンバーが出演する作品が少なくとも800例の出所であることが判明した後、20人以上の観客に新しいコロナウイルスの検査を受けるように訴えた。

東京政府は、最近の感染の急増の中心となっているアジア最大の歓楽街の190つであり、繁華街である新宿のXNUMX席の劇場に焦点を当てていると述べました。

日本では、首都圏や一部の農村地域や米軍基地で感染が続いているにもかかわらず、国内最大の空港のXNUMXつで滑走路を再開する計画で、国の一部を開放することを進めています。

菅官房長官は記者会見で、「経済活動を進めると同時に、感染の拡大に注意を払い、予防することが重要だ」と語った。

最新のクラスターは、今月初めに主に新進気鋭のボーイズバンドメンバーが主演するXNUMX日間の劇を上演したシアターモリエールまでさかのぼります。

東京都は6月20日にキャストメンバーの間で最初の感染を知ったと言い、その後のテストでは月曜日の終わりまでにXNUMX件の関連症例が見つかりました。 公演に参加したすべての聴衆にテストを受けるよう呼びかけました。

劇のプロデューサーである「狼男」は月曜日に聴衆に健康に関するアドバイスを求めるよう声明を発表しました。

「観客の間で見られた多数の感染に続いて、私たちはパフォーマンスを見に来た800人の観客全員がハイリスクの連絡先として識別されたと通知されました」ライズコミュニケーションズはウェブサイトで言った。

東京がウイルス感染を封じ込めるのに苦労しているため、東京への、そして市内からの旅行ルートは引き続き開かれています。 NHKの報道によると、首都圏のXNUMXつの主要空港のXNUMXつである成田国際空港は、来週の祝日の前にXNUMXつ目の滑走路を再開する予定です。

東京は火曜日にコロナウイルス感染の143の新しい症例を報告した。 全体として、日本は約23,000の感染と1,000近くの関連死を報告しています。

日本は他の国で見られるような悲惨な大発生を避けてきましたが、現在延期されているオリンピックで期待されていた観光ブームを享受する代わりに、深刻な不況に直面しています。

朝日新聞による最近の東京の調査は59%が五輪が再び延期またはキャンセルされるべきであると信じており、パンデミックに対する国民の懸念を強調している。

朝日朝日は、日本政府が選手の入場制限を緩和することを検討していると報じた。

読む価値がありましたか? 私たちに知らせて。