Infosysは大規模な勝利で利益見積もりを上回っています

Infosysのロゴは、カナダのオンタリオ州トロントで開催されるSIBOS銀行および金融会議で見られます。

インドのInfosys Ltdは水曜日に、ソフトウェアサービス会社がCOVID-19パンデミックの間に大規模なクライアント取引を確保することに成功したため、予想を上回る四半期利益を報告しました。

Infosysは1.74月30日までの1.65か月でXNUMX億XNUMX万ドル相当の大規模な契約を結んだと声明で述べた。 これは前四半期のXNUMX億XNUMX万ドルを上回りましたが、前年同期を下回りました。

コロナウイルスの発生により事業活動が停止したため、クライアントの支出が軟化したため、XNUMX〜XNUMX月の期間はインドのソフトウェアサービス企業にとって悲惨なものになると予想されましたが、企業はこれまでさまざまな結果を報告しています。

ベンガルールに本拠を置くInfosysのライバルであるTata Consultancy Servicesは四半期利益の見積もりを逃しましたが、Wipro Ltdは予想よりも強い収益を報告しました。

Infosysの純利益は、42.33月四半期に前年同期の563.8億ルピーから37.98億ルピー(39.87億XNUMX万ドル)に上昇しました。 Refinitivのデータによると、アナリストは平均してXNUMX億ルピーの利益を期待していた。

収益は8.5%増の236.65億ルピーでした。

読む価値がありましたか? 私たちに知らせて。