ソウル市長後期に対する不満が流出した可能性:報告

行方不明のソウル市長

マスコミ報道によると、パク・ウォンスンソウル市長がセクハラの疑いで自分の命を奪う前に彼に告発された場合、疑問が高まっている。

Yonhap News Agencyの報告によると、状況証拠は彼が苦情について知っていた可能性があることを示しているが、関係するすべての機関が疑惑を強く否定しているため、誰が情報を漏らしたかは不明のままである。

警察は、大統領府の大統領府に事件の概要を説明したが、朴氏にそれを伝えなかったと述べ、大統領府は市長への情報提供を拒否した。

ソウル市は、苦情をまったく知らなかったと述べた。

しかし、当局者は火曜日にYonhap New Agencyに、市が市長に対する今度の不満を認識しており、開発に関するパークを更新したことを政府が理解していると語った。

「(公園の死)は市長が市職員によってブリーフィングされた後に起こった(今度の苦情)」と当局はYonhapに語った。

訴状は4.30月8日午後XNUMX時XNUMX分に、ソウル警察庁の朴元幹事によって提出された。

弁護士によれば、彼女は翌日の午前2.30時XNUMX分まで警察の捜査を受けていた。

その朝、パークは突然その日のスケジュールを取り消し、彼が10月XNUMX日の朝に死んでいるのが見つかるまで行方不明になりました。

読む価値がありましたか? 私たちに知らせて。