Surface Duoに「アプリグループ」マルチタスク機能が付属

(IANS) マイクロソフト は、折りたたみ式のスマートフォンSurface Duoの「アプリグループ」と呼ばれる新機能に取り組んでいると伝えられています。これにより、ユーザーはグループを作成し、XNUMXつのアプリを直接デュアルスクリーンセッションに起動できます。

この機能により、ユーザーはXNUMXつのアプリを簡単に事前選択してペアリングし、マルチウィンドウビューですばやく起動できるようになるとWindowslatestは報告しています。

アプリグループを使用すると、ショートカットが作成されてホーム画面に固定され、ユーザーが定期的にアクセスするアプリにすばやくアクセスできるようになります。

たとえば、OneNoteとMicrosoft Edgeのグループを作成し、ショートカットアイコンをタップして、左画面でOneNoteを起動し、右画面でEdgeを起動できます。

Surface Duoには、Qualcomm Snapdragon 855 SoC、6GB RAM、64GBまたは256GBのストレージなど、ミッドレンジの仕様が搭載される予定です。

このデバイスは、右側のディスプレイの上に単一の11MPカメラセンサーを備え、前面と背面の写真とビデオの両方に使用され、Snapdragon 855プロセッサー、6GB RAM / 64GBまたは256GBストレージオプションを搭載しています。

スマートフォンには、同じサイズの5.6インチAMOLEDディスプレイが4つ搭載されています。 各画面は、3:1800のアスペクト比、1350 x 401ピクセルの解像度、XNUMXppiピクセル密度を提供します。

Surface Duoは3460mAhバッテリーを搭載して出荷され、USB-C高速充電が特徴です。

5Gはサポートされず、代わりに4G LTE速度で最大になります。 また、デバイスにはワイヤレス充電とNFCのサポートが不足していると推測されます。

読む価値がありましたか? 私たちに知らせて。