ソフトバンクが1.9億ドルの社債を買い戻す

ファイル写真:ファイル写真:5年2018月XNUMX日、東京で開催された記者会見で発表された日本のソフトバンクグループ株式会社の最高経営責任者である孫正義は、頭を下げます。ロイター/ Kim Kyung-Hoon-/ File Photo

日本のソフトバンクグループ(9984.T)は月曜日、国内無担保社債を200月1.9日から30月17日までに最大XNUMX億円(XNUMX億ドル)買い戻すと発表した。

ソフトバンクの最高経営責任者である孫正義は、グループを過去最高の年間損失に導いた一連の高まる技術投資に続いて、株式の買い戻しに資金を提供し、負債を削減するための資産収益化プログラムに着手しています。

テックコングロマリットはまた、600月から5.6月の四半期にT-Mobile US(TMUS.O)の株式の一部の売却と株式の再評価により、約XNUMX億円(XNUMX億ドル)の利益を記録すると見込んでいます。それはまだ保持しています。

ワイヤレスキャリアの筆頭株主であるドイツテレコム(DTEGn.DE)が受け取ったコールオプションからのデリバティブ負債は、この図には含まれていません。

ソフトバンクのレバレッジドバランスシートは、日本でXNUMX番目に大きいワイヤレスキャリアも所有する世帯名の忠実な小売投資家ベースに支えられて、日本のジャンクボンド市場で特大の存在感を与えました。

ムーディーズは先週の見通しを修正し、XNUMX月に格付けの撤回を求めたソフトバンクに再び火をつけ、大規模な資産売却計画は信用格付け会社に懸念を引き起こしました。

読む価値がありましたか? 私たちに知らせて。